サッカー個人レッスン・個人指導専門 個人指導型サッカースクール
  • SPC公式twitterアカウントへ
  • facebook公式ファンページへ

ヒーロー・ヒロインストーリーのご紹介

【Vol.17】 「もう逃げない!」

いつも元気でワンパクなT.K君。 小学2年生ということもあり、パーソナルコーチを始めた頃はコーチとPKやゲーム形式のメニューを中心に練習していました。


持ち前の負けん気の強さとパワーからシュートを得意としていましたが、足のつま先で蹴ってしまう点と、基礎的なボールコントロールやパスなどができませんでした。


しかしT.K君の最大の課題は「気持ち」にあったのです・・・。最初はボールコントロールの練習もしていましたが、コーチに慣れてしまうとT.K君は「苦手な練習は嫌!」と駄々をこねてしまったり、1人で帰ってしまうのです。


不得意なことを練習で続けて克服していくのを嫌がり、少し泣き出しそうになりながら練習をすることもありました。もちろん、大好きなシュートだけの練習では、上達は限られてしまいます。


T.K君は「もっと上手になりたい!」という気持ちも強くあるのですが、大好きなゲーム形式だけではなかなかできない練習に対してもすぐに逃げ出してしまうのです。


そこで親御さんも相談させて頂き、一度休会してから本人から自発的に練習をやりたいというまでは待とうということになりました。


そして約2週間後・・・。 


練習を再開したT.K君は見違えるほど変わりました!T.K君はコーチに「コーチの技を全部盗むくらい練習を頑張りたい!」と宣言したのです!


コーチと練習できなかったのがよほど堪えたのでしょう。それからはキックやボールコントロールの練習をしっかりと取り組むようになり、結果として遠くにあるコーンを狙い打ちできるようになったのもさることながら、気持ちの面で大きく変わりました。


もうやりたい練習ばかりやることはありません。練習がしたくなくて流していた涙は、練習で上手くプレーできない悔しさから流す涙へと変わったのです。


そして、新2年生になり、チームではキャプテンに選ばれたT.K君。 今は、チームのキャプテンとして点をたくさん決めてチームを引っ張ていきたいと一層練習に励んでいます。


その持ち前の負けん気の強さとパワーで、本当にコーチの技を全部盗んでいってください!!



(東京都在住 T.K君 小学2年生)


ページアップ