サッカー個人レッスン・個人指導専門 個人指導型サッカースクール
  • SPC公式twitterアカウントへ
  • facebook公式ファンページへ

ヒーロー・ヒロインストーリーのご紹介

【Vol.2】 「コーチ、トレセン受かったよ!」

元々沢山のポジションをプレーできる小学4年生のY君。フォワードからディフェンスまで幅広くプレーし、時にはゴールキーパーをする事も。

しかしどのポジションでもコンスタントに活躍できずにいました。


そこで担当のコーチが、Y君の特徴の「守備の意識の高さ」と「相手を恐れず体をはったプレーができる。」を考慮し、ミッドフィルダーの中盤で活躍できるように守備でのプレーとボールを奪った後の攻撃を中心に指導。


その結果、試合での自分の役割をハッキリと見出すようになり、中盤でコンスタントに良いプレーができるように。その勢いのまま地域のトレセンに挑戦。


しかし一つ大きな壁が・・・。


Y君はリフティングがそれほど得意ではなかったのです。 テストはリフティングとゲームの二つ。 リフティングで躓いてしまうとゲームにも影響がでてしまいます。 

担当コーチが今までの指導の方針と並行してリフティングにも重点をおいて指導するようになりました。


順調に回数を増やしていき、風が強い日での練習もめげずに練習した結果、自己最高記録を大幅に塗り替えるようになりました。


そして「リフティングでも、大丈夫。」と自信をつけたY君は見事リフティングテストを最高の結果で終え、その後のゲームでも実力を出し切り見事トレセンに合格したのです。



(東京都在住 Y.T 君)


ページアップ